+頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

片頭痛とめまいの原因と治療方法についてなどを記載しています。
また、それにまつわる基礎的な内容や自宅でできる予防・治し方なども随時更新していますので、頭痛やふらつきなどでお困りの方のためにフェイスブックやツイッター等で情報共有して頂けると幸いです。

スポンサードリンク

ずきしらずの実

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭痛によく効くサプリメントはこれ!『ずきしらずの実』は痛みの軽減、回数が減ります!

医療従事者の私ですが、院内で処方される薬にお世話にならなくなりました。

それは私がイチオシするサプリを使うようになってから自然に収まっていった感じで。頻繁に片頭痛がありましたが、病院でもらう薬や市販薬を服用してもあまり効果がありませんでした。しかしですね、これを服用するようになってから驚くほど調子いい日が続くようになりました。 今日はその話です。

同じ頭痛持ちという悩みを持つ私だからこそ、薬で効果がないあなたにこそこれをお勧めしたいのです。



私は肉体労働とパソコンなどのデスクワークで目や肩から首の疲労がものすごいです。

その両方の仕事をしなければならないので、その影響で頭痛が起こっていて、ひどい時には仕事ができないほどつらいですが、最近は来そうだな・・・と思ったら、これを飲んで落ち着いています。

ずきしらずjの実 

そんな厄介な頭痛を引き起こすキッカケや症状は、老若男女本当に様々ですが、頭痛は家事仕事をしなければならない女性、主婦の方に特に多いので本当に困った存在です。


その多くの方が光や音に誘発されて、それらの刺激を受けるとひどくなる傾向が強いようです。

月に数回くらい痛くなる人から毎日激痛が起こる人もいて、その持続時間も短時間で収まる時もあれば、1日中ずっとという長時間、苦痛に耐えなければならない人もいます。

また、その場所も頭の半分だけのひと・全体におよぶ場合もあって、それも脈打つようにズキズキ・ガンガンすると訴える方など本当に様々です。

 

しかし、この『ずきしらずの実』 は、長い間頭痛に苦しんでいるあなたの苦痛を開放させるために研究・解発された植物由来の頭痛サプリメントです。

 

頭痛薬が効かない・効きにくいという方にも問題なく使ってもらえます。

その理由は、、医薬品とは違い植物由来のハーブサプリメントなので、依存性や体への負荷となる副作用がなく、安心して続けられるという所が最大の特徴です。

スポンサーサイト

メニエール病の原因!メニエルになりやすい人と環境を考察してみる!

メニエール病はどんな病気かというと、以下の症状が主な所見になります。

メニエール病(またはメニエール氏病)の三大徴候といわれ、これが3つあって初めてメニエール病と診断できるというほど、出現率が高い症状になります。

  1. 回転性のめまい
  2. 耳鳴り(一般的に片方)
  3. 難聴

そのほか耳閉塞感というものが加えていうことがあります。上記に伴って、吐き気、顔面蒼白、それに伴う過剰な動悸、異常な寒気・等の症状が起きるこります。

三大症状波の地に詳しく説明しますので、ここでは概要としての内容を述べます。

メニエール病の症状は?回転性めまい、難聴、耳鳴り=メニエルとか限らないですよ

先ほども述べたか、メニエル病はめまいの代表的な病気のように言われており、内耳の障害で耳鳴りや難聴を伴って、非常に強い回転性のめまいが突然起こってきます。

 

歩くことなんてとんでもない!!!立っていることもできないほどの激しいめまいであることが多いのが事実なんですが、体がふらつく程度のこともあります

ネットの情報サイトや本にはあまり書いていないので、メニエル病でも誤診されてる場合も多々あるようです。
でも結構いらっしゃいますね。

 

めまいが激しければ、内臓の働きをコントロールしている自律神経の働きもくるっきます。そこから吐き気・嘔吐、顔面蒼白等の追加症状が出てくることがあります。

自律神経の検査とレントゲン・MRI画像からめまいの原因を探る

  • 『なんだか疲れが取れない』
  • 『体がだるい』
  • 『頭が重い』

などの症状が出たら要注意で、自律神経系のバランス不良によるもの可能性があります。

 

代表的な病気をあげると、自律神経失調症です。

その他の精神疾患でも同様の症状が出ることが多いですが、その一歩手前、前徴的にこの症状が出始めて、寝ても疲れが取れない、最近疲れが取れないっと発言しだす方がいたら要注意です。

 

めまいでふらつく場合に行う立位や重心動揺検査などの平衡を調べる検査

めまいが起こってよりめいたりする時、どのくらいのフラツキで、どのようなものに誘発されるのかを見るテストになります。

 

大きく分けると、体のフラツキを見るものや、目の動きや字が書けるのかという書字検査を行う場合もありますが、ここでは代表的なものを上げてみます。

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。