片頭痛を予防するための第2選択肢と第2次選択薬 - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

片頭痛を予防するための第2選択肢と第2次選択薬

スポンサードリンク

片頭痛を防いでくれる薬について、薬局でも買える薬と医師の処方がいる薬ともに述べてまいりました。

【頭痛の予防】の記事番号89~98位の記事です。
『http://zutuumemai.blog74.fc2.com/blog-entry-●●.html』の●●が記事番号になります。


第2予防薬をあげる前に、試すことが多い手法について述べたいと思います。

スポンサードリンク

【第1選択の片頭痛(偏頭痛)予防薬を組み合わせる】

効果がなかった薬剤も、組み合わせたりする事でヘンズツウが予防できたり治ったりすることがあります。


記事の89~98の第一薬を服用してみたが効果がなかった場合

多くの場合、医師は一種類の予防薬しか試さないことが多いのですが、必要と判断すれば徐々に増やしていく事も方法のひとつです。また、必要があれば薬の変更を行います。


連日の慢性片頭痛が起こる場合や痛みが悪化、出現頻度出多くなった場合等は、予防薬を診断予想よりも早目に用いたりします。

通常、2種類の薬をあわせて使う場合、その投与量と副作用はここに用いる時のものと同じで、医師が良く用いる組み合わせを使います。


 

アミトリプチリンとプロプラノロールとを併用する

アミトリプチリンが心拍数を上げるとき、その作用を打ち消す目的でプロプラノロールをあわせて処方します。多くの場合、片頭痛と慢性連実性頭痛が問題となる。



非ステロイド抗炎症剤(NSAIDs)と他の第1選択薬を併用する

ナプロキセンは、予防薬と頭痛発作時の治療薬の療法の役割があるために、抗うつ薬のアミトリプチリン、アルファベータ遮断薬のプロプラノロール、カルシウム拮抗薬のベラパミルと併用されます。

 

 プロプラノロールとベラパミルを併用する

療法を単独で使っても効果が見えない場合、両者を少量で併用することがあります。
が、心臓疾患や血圧に十二分に注意が必要です。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/100-daf9cef1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。