抗うつ薬のデパケン(バルプロ酸ナトリウム)で片頭痛を予する、そのの効果と副作用 - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

抗うつ薬のデパケン(バルプロ酸ナトリウム)で片頭痛を予する、そのの効果と副作用

スポンサードリンク

バルプロ酸ナトリウムは製品名、商品名デパケンとして世の中に知られています。

デパケンは、躁病・躁うつ病の躁状態の適応で承認を取得し、てんかんの薬として使われてきました。

しかし、近年、保険適用が認められた薬で、浸透して新しい薬ですので、その根拠(専門的にはエビデンス)がいろいろいわれています。
(参考記事:バルプロ酸による片頭痛治療ガイドライン(暫定版)

スポンサードリンク

バルプロ酸ナトリウム(デパケン)の作用と効能

デパケンは非常に有効な薬で、痙攣や意識障害を起こすてんかんの抗てんかん薬で、この発作を予防する事、躁病・うつ病の気分と行動の気分の上がり下がりの気分安定剤として使われています。

そして、第3の効果として、片頭痛の予防に使われるようになりました。


バルプロ酸ナトリウム(デパケン)の副作用と注意点

デパケンの副作用の主なものは、肝機能障害、胃の不快感、吐き気、喉益智の痛み、発熱、だるさ、ただれ、目の住血、鎮静、体重増加、思考や手の振るえがあります。


稀な症状としては、軽度の思考力低下、認知機能の低下、毛が抜ける脱毛症状などです。



バルプロ酸ナトリウム(デパケン)の用法・容量

年齢や㍽疾患で異なってきますが、食べ物と共に1日250mgよりはじめて、平均500~1000mg程度まで増やします。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/102-939df200

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。