月経性片頭痛は治療薬とホルモン療法 /一般薬や抗炎症薬で治る場合が多い - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

月経性片頭痛は治療薬とホルモン療法 /一般薬や抗炎症薬で治る場合が多い

スポンサードリンク

生理時に誘発される片頭痛の軽度から中等度のものは、イブプロフェンエキセドリン等を飲めば治る~軽減する場合が多いです。

その他、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)(関連記事参照)などの一般薬や抗炎症剤で軽減します。

スポンサードリンク


しかし、重症例や長期にわたって痛みが続く場合は、注射をうつ事で軽減させたりして予防することがあります。


月経時片頭痛は、基本的に通常の片頭痛と同じ方法で対処します。

症状が重い場合にはコーチゾン剤や炎症を抑える副腎皮質ステロイド薬のデカドロン、プレドニゾンと呼ばれる薬が最も有効な処方薬です。
その他、ケトロラック、スマトリプタン(イミグラン)の注射も痛みが強い、期間が長い生理時の頭痛によく効きます。


これらの処方薬が効かない場合、クロルプロマジンのような制吐薬と共に服用する、より強力な麻薬が使われることがあります。

以下に月経時片頭痛に使われることがある薬の一覧を記載しておきます。

【月経時片頭痛の治療薬】
非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)

●エルゴタミン誘導体

●ベレルガルS

●エルゴノビン

●ジヒドロエルゴタミン

●メチセルガイド

●利尿剤(ダイアザイド/ヒドロクロロチアジドなど)

ホルモン療法(エストロゲン/タモキシフェン/メチルテストステロン/ダナゾール)

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/106-9cb2c0b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。