妊娠中の片頭痛の特徴と治療 - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

妊娠中の片頭痛の特徴と治療

スポンサードリンク

妊娠中の片頭痛患者は、妊娠の第2、3三半期( 29週~42週にあたります)に片頭痛が軽減するすることが多いというデータがあります。


しかし、この時期に片頭痛が起こると、胎児、おなかの中の赤ちゃんに悪影響を及ぼす薬などは避けなくてはならず、頭痛を治療する事はなかなか難しいくなります。

スポンサードリンク

原則的には服薬を避けるのが1番良いですが、この場合、頭痛に対する治療としてアイスパック、全身の筋肉の弛緩を行うための理学療法やリラクゼーション療法、マッサージ等を行ったり、暗い部屋等の安静を試みたりすることで治療します。


服用できる薬もありますが、必ず医師に相談してから使用してください。

妊娠中に使う薬として比較的安全と言われている頭痛薬はアセトアミノフェン(タイレノール) 等が比較的安全と言われています。


メデロール、ハイドロコドン、コデインというお薬を、少量投与することがありますが、どうしても必要な場合に限り処方されるもので、やはり、赤ちゃんの奇型や流産等のリスクを伴います。


妊娠中の片頭痛がとても頻繁に起こりかつ痛みが強い時、その場合は妊娠第1三半期の後に、本当ごく少量の予防薬を処方したり、進めたりすることがあるようですが、私はあらゆるリスクが避けられないため、薬を処方を進める事は殆どありません。


しかし、薬だけでなく、コーヒーやお茶等を飲むことでカフェインを摂取し、頭痛軽減対策としたりします。

カフェインは、頭痛を強くしたり・弱くしたりするという矛盾があるので、カフェインの記事を参考にしてください。

その他、ベータ遮断薬が無効の場合、使用できなり病気や理由がある場合、アミトリプチリン(トリプタノール)を処方する場合もありますが、薬を使っても、胎児の奇形を誘発すると言う報告がいくつかありますし、薬局で購入する薬にも注意書きがあります。


よって、妊娠中にはどの薬に対しても危険性があるということを医師も患者も絶対に知っておかなければなりません。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/107-92dcdc06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。