緊張性頭痛と片頭痛の違いと関連性 肉体的ストレスだけが原因ではありません! - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

緊張性頭痛と片頭痛の違いと関連性 肉体的ストレスだけが原因ではありません!

スポンサードリンク

頭痛の半分から4分の3以上は、緊張性頭痛(以前は筋収縮性頭痛と呼ばれていましたが、国際分類でこのようによばれるようになりました)といわれています。



緊張性頭痛は、頭部から頚部の筋肉がさまざまな理由で緊張した結果、頭の血管が膨張するので前頭部に波打つような痛み、両方の頭部に鈍い痛みまたは締め付けられる、押しつぶされるような重圧感、圧迫感のような鈍痛みがすると訴えられる方が多いです。

スポンサードリンク


緊張性といっても、肉体労働や過渡のデスクワークでの不良姿勢等の肉体的なストレスや緊張が主な頭痛の促進の要因ではないことが、最近わかってきました。

精神的ストレスと身体的ストレスの両方から誘発され、その所見は片頭痛に似ている、ということです。


緊張性頭痛が軽い場合、前兆なく起こりますが、ほとんどの人々は仕事や家事をこなすことができます。しかし、 重度になった場合、片頭痛と同様にめまいや吐き気光に過敏になるなどを伴うことがあります


緊張性頭痛が起こりやすい年齢は、一般的に中高年に多いタイプの頭痛ですが、40%は小児~10歳代より起こり、50%は20歳までに起こり、そして消失します。


その性差をみてみると、片頭痛とは違い、若干女性の方が多いですが、男性にも比較的多く見られるというのが特徴です。


また、痛みの出方をとってみても、偏頭痛は頭の片方に起こりやすいのに対して、緊張性頭痛は頭の両側に起こりやすいという特徴があり、重度の場合を除いて、仕事や家事ができないほど強い痛みではなく、片頭痛のように吐き気や光や音に対する反応、目の前にチラチラと光が走ったりする閃輝暗点などはありません。


この痛みは頭の筋肉が収縮するために起こることもありますが、現在は先日同じ理由によるものと考える説もあります。

【偏頭痛と緊張性頭痛の関連性】

①両方とも同じ生化学反応と関連していることが多い。
(生物物質の合成や分解等の体の中の反応)


②両方とも頸部痛や筋肉の痙攣を伴うことがある


③両方とも頭の筋肉の圧痛と脳の血流変化が認められる


④軽度の片頭痛は、重度緊張性頭痛と判別するのが困難な場合があります


⑤同じ薬に反応する


簡単に述べましたが、以上になります。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/111-6e388444

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。