緊張性頭痛は遺伝性の病気で、片頭痛と関係がある - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

緊張性頭痛は遺伝性の病気で、片頭痛と関係がある

スポンサードリンク

緊張性頭痛は通常一定の周期で起こる場合が多く、その多くの場合、市販の痛み止めや休息、いくつかのリラクゼーションなどでおさまる場合が多いです。



以前、このブログでも述べましたが、緊張性頭痛には反復発作性緊張型頭痛と、ほとんど毎日のように起こってくる慢性または連日性緊張性頭痛という2種類のものがあります。

スポンサードリンク

⇒参考記事:【緊張型頭痛の原因・特徴と分類別対処方法】



片頭痛と同じように、緊張性頭痛は心理的な病気ではなく、内科的な病気とされています。



身体的ストレスと精神的ストレスの緊張は、この緊張性頭痛を誘発したり、悪化させたりしますが、真の原因ではありません。


実際に緊張型頭痛と言う言葉は誤りであり、誤解を助長させてる原因ともいえます。

国際分類で区別されましたが、非常に多くの医師が、この緊張性頭痛を筋収縮性頭痛と呼んでいるということも、 誤解を避けるためです。



緊張性頭痛が本当の原因というものは、特定の誘因によって筋肉の緊張が起こったり、脳の血管とその周りの神経系が変化したりする遺伝的な体質の病気です。


緊張性頭痛の特定の誘因とは、つまりストレスや抑うつ、または過剰な不安等です。


多くの学者は片頭痛と同じように、緊張性頭痛は頭の中のセロトニンの変化によって起こると考えている、という点で、緊張性頭痛と偏頭痛は相関関係がある、というわけなのです。

【片頭痛(偏頭痛)の原因③ 炎症による血管拡張説とセロトニン説】
【片頭痛の予防のためには抗うつ薬でセロトニンを不足を改善させて増やす】

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/112-2b85ede8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。