緊張型頭痛の予防・治療薬の3大薬-筋弛緩薬・抗炎症薬・抗うつ薬使用の注意点 - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

緊張型頭痛の予防・治療薬の3大薬-筋弛緩薬・抗炎症薬・抗うつ薬使用の注意点

スポンサードリンク

緊張型頭痛はできるだけ薬を服用しないで治療または予防することを目標とします。
理由は、薬を服用すると薬物性の頭痛、反跳調整頭痛が起きるリスクを伴うからです。



するよ使う場合も、以下のことに注意する必要があります。

・頭痛がどのようなタイミングで起こるか、

・睡眠は十分に取れているかまたは睡眠のパターンはどうか、

・胃腸の調子はどうかなど、

以上のようなことに多く配慮する必要があります。

スポンサードリンク

【緊張型頭痛の予防薬】

緊張また頭痛の予防薬の主たる所はうつ病の時に処方される抑鬱薬、ナプロキセン、フルオキセチン、プロトリプチリン、アミトリプチリンなどを処方する場合があります。



うつ病の薬が使われるのは、セロトニン効果があるから頭痛が治ると言われており、一番最初に使われることが多いようです。

アミトリプチリンはめまい等の副作用が強く、あまり使われません。



その他に、有名な所で言えば非ステロイド性抗炎症薬 、トリミプラミン、バルプロ(デパコート、デパケン)ベータ遮断薬、シクロベンザプリンやメトカルバモール等の筋肉をほぐす筋弛緩剤系ですが、筋肉を弛緩させる薬はよく処方されますが、効果は以外に薄いです



【緊張方頭痛と治療薬】

緊張型頭痛を治す薬として挙げられるものは、アスピリンイブプロフェン、アセトアミノフェンなど、炎症薬であったり、倦怠感及び胃腸風の不快感を伴うものが多いです。

これらの薬が効かない場合に点診察によりより強力な鎮痛剤よ処方します。


これらの薬物には依存性があるなどリスクを伴いますので、できるだけ服用するべきではありませんので、薬なしでは生活できないようにならないように制御してください。

 

しかし、やむを得ず使用するる場合は、使用上の注意などを十分に守る必要があります。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/117-14dd9466