群発性頭痛の初期症状と原因  [片頭痛と同じ血管性が有力] - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

群発性頭痛の初期症状と原因  [片頭痛と同じ血管性が有力]

スポンサードリンク

群発性頭痛は、片頭痛や肩こりからくる、いわゆる緊張型頭痛よりもメジャーじゃないため、あまり聞きなれないかもしれませんが、女性の5~7倍もの確率で男性に起こるというのが特徴であり、非常に、、というよりも異常に強い痛みが突然襲ってきます。

群発性頭痛の原因やメカニズムは、実際の所不明です。



いくつかの研究ではセロトニンのアンバランスが原因で、視床下部などの生体恒常性(内部の働きを正常の状態に保とうとする機能)が正しく機能しないためという説などもありますが、片頭痛と同様に血管の収縮・弛緩が原因で起こると言う説が有力です。

スポンサードリンク

また、群発性頭痛は、ヒスタミンが原因物質といわれており、これが目の後にある内径動脈に悪影響を及ぼして、腫れて痛むためとされています。



喫煙者やアルコールを飲んだときに群発性頭痛が起こることが多い、と言われています。


これはタバコを吸ったときや飲酒時に起こる脳内の血管の収縮・弛緩が、血流に影響を与えているという可能性を意味します。
参考記事:炎症による血管拡張説とセロトニン説

medium_316296221

群発性頭痛の起こりやすい年齢は20歳から50歳の年齢で、若い頃であればおそらく40代までに消失すると言われていますが、高齢者になると慢性的な群発性頭痛になる可能性が高いようです。

群発性頭痛の初期症状は、まず耳やこめかみの片方に違和感を感じつまったような症状で始まり、その後目からおでこ、あるいはねほっぺたの辺りから顎の近くまで刺すようにいたくなる方が多いです。

また、数分から数十分以内に痛みは激痛になります。

そして、痛む側のの目から涙が出たり、目の充血、鼻水・鼻づまり、等の自律神経系の障害を伴うのが特徴です。(伴わない場合も少数派ながらいらっしゃいます)


その他の随伴症状は、下記のようなものがが多いです。

瞳孔が小さくなる(縮瞳)

まぶたが垂れる(眼瞼下垂)、

顔面の発汗

涙がでる

鼻水水・鼻づまり

少数例では吐き気や嘔吐

 

このような初期症状ですが、風邪の症状や季節の変わり目の体調不良と混合してしまっている場合も少なくありません。

続いて、群発性頭痛の症状を細かくみていきたいと思います。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/119-31b3ba20

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。