めまいの種類と疑われる病気のタイプ - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

めまいの種類と疑われる病気のタイプ

スポンサードリンク

頭痛の項目の主な所を書いたので、次はめまいについて大まかに話していこうと思います。
細かくは随時。



日常的に『めまい』が起こる方がいますが、そのめまいも大きく分かると3つのタイプがあります。


眩暈は専門的にはゲンウンとかいったりしますが、『眩暈』の他、『目眩』、『幻暈』なんて書いたりします。

めまいが単独で起こるのではなく、頭痛や耳鳴り、難聴を伴う場合が多いですが、ここではそれには触れません。

スポンサードリンク


グルグルと回る回転性のめまい

自分は何もしていないのに回りが回って回転するような症状を呈するものを回転性めまいといいます。



その回転の仕方は様々あり、左右にぐるっと回ってしまう方が多いですが、上下方向に回ってしまう方もおり、「流される」なんて訴えられる方もお見えです。



分かりやすくいうと、昔、遊びでよくやったように自分でまたは人にグルグルと回されてみて止まると周りがグルグル回って立っていられませんよね。そんな感じのめまいです。



耳の中の三半規管と言われる部分の病気や平衡感覚をつかさどる小脳の出血などの障害などで見られることが多いですが、原因不明の場合も多いのが現状です。


メニエール病や焦性発作性頭位眩暈症などです。



浮動性・動揺性のめまい

ジッとしているのに周りがゆらゆら・ふらふらと揺れ動いているように見えるのが不動性のめまいといわれます。

人によっては、船に乗っている、頭がふわっとするなんて訴えられる方が多いです。



これも耳の障害や小脳などの様々な問題で起こりうるもので、脳や中枢神経疾患などの中枢性、ストレスや不安等の心因性、薬物等によって引き起こされたりします。

 

立ちくらみや眼前暗黒感)もめまいに分類される

一般的にめまいとは認識されていませんが、医学上はめまいとして診断する事が多いです。



静かに安静にしている時には何も起こらないのですが、立ち上がったり、急に動いたりした時にくらっとしたり、目の前が暗くなる感じがするめまいを 立ちくらみといいます。



原因としては脳の血液不足、酸欠状態で起こりますが、脳に血液を送るの不可欠な血圧の異常、多くは低血圧、もしくはその変動が激しい場合に起こります。



そして、血圧などを支配しているのは自律神経系なので、ここに異常があるとめまいが起こったりします。

その他の体の器官が関わり、これも薬物や自律神経系、血液・血圧等に関わる循環器などが疑われます。


私もこれが時々起こりますが、立ち上がったときではなく、大音量の音を聞き続けると起こる特殊なタイプです。



大きく分けると以上ですが、以上のめまいのタイプからある種の病気にかかられている方、その疑いのある方、薬を服用されている方は副作用等の見直しをしてみるのもいいかもしれません。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/125-9ef04db8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。