フワフワする浮動性めまいの症状から原因を特定する - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

フワフワする浮動性めまいの症状から原因を特定する

スポンサードリンク

浮動性のめまいは、メニエール病のように回転するめまいではないので、非回転性のめまいともいわれています。

フワフワとした感じで体が宙に浮くような不安定さのあるめまいのことを浮動性のめまいといいます。

【浮動性のめまいが出現する病気の一例】

ストレス

起立性性低血圧

血圧異常

うつ病やパニック障害などの精神障害

自律神経失調症(以上の疾患はこれが関わっていることが多い)

小脳や脳幹(中脳/橋/延髄)の出血や梗塞

スポンサードリンク

貧血や低血圧の方におこりやすいとされていますが、 血圧を操作しているのは交感神経と副交感神経を統制する自律神経なので、自律神経に問題のある方もこれがおこる可能性が高くなってきます。



したがって、立ち上がったときや起床時、入浴時にめまいがおこるのであれば、こちらの可能性が高くなります。

しかし、私個人の意見としては、血圧の変動が激しい方に起こる傾向が強いと思います。



少数派ではありますが、耳の中の問題でも脳の中の問題でも、その両側や真ん中に病変がある時など様々な状態で生じる可能性があります。



つまり、両方の耳の障害や内耳の機能が原因だったとき、あるいは両側の前庭小脳障害なのでも起こる可能性がありまた、小脳つ虫部や橋の梗塞(血管が詰まってしまうこと)等の中枢神経のの前庭系の両方の上にまたがっておかされた時にも出現します。



前項にもあげた頸動脈循環不全、または代謝疾患やさまざまな中毒などで起こる可能性があります。



脳幹部が自律神経の副交感神経の中枢であることから、こちらが障害されると症状が出てもおかしくありません。


しかし、その問題が大きければ、それ以外にも身体症状が出ていることが多いです。



『回転性のめまいは耳の病気、回転していないめまいは脳の障害でおこる』

といういわれをすることがありますが、実際のところ、回転していないめまいが脳の障害でおこっていることは非常に稀で、回転していないめまいが起こっても重篤な病気である可能性は低いです。



あくまで可能性ですが、重篤である場合、記憶がおかしい、意味不明なことを言う、しびれやものが言いにくい、食べ物や飲み物をこぼす、動くと震える等の大脳、小脳などの症状が伴う場合は、迷わず病院へ駆け込むか、救急車を呼んでください。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/127-170462fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。