フラフラする動揺性めまいを病気一覧から診断する - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

フラフラする動揺性めまいを病気一覧から診断する

スポンサードリンク

ゆらゆら、フラフラというような感じのめまいで、船に揺られていると仰られてる方が多いめまいです。ひどい時は歩くのが困難な場合もあります。



『回転性のめまいは耳の病気、回転していないめまいは脳の障害でおこる』

といういわれをすることがありますが、実際のところ、回転していないめまいが脳の障害でおこっていることは非常に稀です。

スポンサードリンク


したがって、いくつもの問題で起こるといえるわけですが、前回の記事の【浮動性めまいの症状から原因を特定する】であげた疾患の慢性期や亜急性期などにも認められます。

【動揺性目眩が出現する病気の一例】

内耳の障害

感染性腸炎

パニック、自律神経失調症などの精神的疾患、ストレス

ある種の薬物

貧血屋血圧などの循環器系の病気

小脳や中枢神経系の障害

更年期障害

少数例を上げると、内耳梅毒や構成物質、感染性腸炎などで使われる薬のカナマイシン、パーキンソン病の薬やバファリンなどの市販薬などの薬物でもふらつくようなめまいが起こる場合があります。



また、両方の内耳の障害、あるいは脳幹や小脳の血管の病気、両側に発生した小脳出血、両側の末梢前庭性のの疾患や中枢の前庭系の疾患でも左右の両方とも同時におかされると動揺性の目眩がおきることがあります。



しかし、この場合、そのほかにも嘔吐、動くと震えがひどくなる企図振戦と呼ばれる症状があったりという小脳症状が伴っている場合が多いので判別は比較的容易です。



自分がメニエール病だと思っている方が多いですが、この場合、めまいは立てないほどの強い回転性めまいなので、体が動揺する位であればメニエール病ではないでしょう。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/128-ab374f1a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。