平衡感覚の仕組み 平衡感覚のセンサーは体のどの部分? - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

平衡感覚の仕組み 平衡感覚のセンサーは体のどの部分?

スポンサードリンク

平行を保つための機能について、さらっと述べてみたいと思います。


姿勢反射は目的に合った姿勢を保って、そして正しく保持しようとするものでいくつかの反射の集合体といえるものです。



これらの種々の反射は体の感覚を感じる受容器と呼ばれるセンサーからの情報を受けて、それに対して適正に体の筋肉が働くことです引き起こされます。

スポンサードリンク

インプットとして働く感覚系には、目から入る視覚からの情報、耳から入る前庭迷路系の情報、それに対して筋肉そのものがセンサーとして働く深部感覚があります。



内耳には蝸牛、耳石器、三半規管と呼ばれる所があります。

蝸牛は④より右側にあたり、蝸牛頂で頂盲端に終り、聴覚にかかわります。
(※クリックすると大きくなります。)

image012

耳石器には、卵形嚢と球形嚢という二つの平衡斑があり、これが傾き等に反応します。



三半規管は、下図の方になり膨大部・半規管などにわけられ、頭の回転運動の方向と速度を感じ取り反応します。

image014上記のうち平衡感覚・めまいに関わる器管はは耳石器と三半規管で、2つを合わせて前庭迷路と言います。


三半規管は体や首の回転運動を感知することで、平衡砂(耳石器)と呼ばれる人の中にある耳の中にある小さな石が、体の傾きや体が動いている時の速さを感じるところで、ここに何らかの原因で異常が起こるとめまいがおこります。



筋肉からの情報を、通常、私たちは全く意識することはありませんが、体のどこがどの程度傾いているのか、回転しているのかなどの情報を頭にに送っています。


これらの様々な情報が脊髄・延髄や小脳の各部分に伝わって、それに基づいて運動系がそれぞれの筋肉を収縮・弛緩させて平衡を保つように働いています。



つまり、変化に対してアウトプット、つまり出力として働く運動器系としては、脳と筋肉をつなぐ神経が大きな役割を果たしているのです。



また、動いている時に体を平行に保つために、上記の感覚運動系のほか、その2つを調整する役割として小脳の働きがとても重要になってきます。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/132-75547229

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。