めまいの病気の多くの原因は、耳石器と三半規管をあわせた前庭迷路が問題となる - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

めまいの病気の多くの原因は、耳石器と三半規管をあわせた前庭迷路が問題となる

スポンサードリンク

前回の記事で耳石器と三半規管からなる前庭迷路というものがあると述べました。


これらの平衡感覚は重力や体の動き・回転などの刺激を受けて、それを適正に体の平衡、姿勢の調整を行う重要な働きを持っている器管です。


今回は、この前庭迷路の構造と特徴を挙げてみます。

スポンサードリンク

卵形嚢と球形嚢の構造と機能


耳石器は卵形嚢(らんけいのう)球形嚢(きゅうけいのう)からなっており、重力・直線的な速さを感知します。

また、 3つの三半規管はそれぞれの面が直角に交わるように並んでいて、色んな方向の回転を感知するようになっています。

sankankikan
三半規管 - Wikipediaより引用)

耳石器は、有毛細胞という感覚毛の上に耳石という小さい石が乗る形で分布しており、 重力によってその石が傾いた時、または直線加速度の刺激が加わると、その毛の上に乗った耳石が歪み、その感覚を感覚毛が感じ取って、その情報を脳に伝えます。

具体的に説明すると、この二つは垂直になっているときは卵形嚢は水平に、球形嚢の方は直角になっており、ゆっくりとした体の動きをインパルスと呼ばれる電気信号に変えて、脳に伝えています。

ここに問題が起こった代表的な病名としては、サッカーの澤 穂希選手の症状で一躍有名になった、良性発作性頭位めまい症というものといわれています。


 

三半規管の構造と機能

蝸牛の先の方に三半規管というものがあります。(上の図を参照)

三半規管は前・後・外側の3つの三半規管も直角に位置しており、また、左右の三半規管はそれぞれ対に配列されて、その中にリンパ液という液で満たされています。これを内リンパといいます。

頭部が回転するとその回転で生じる内リンパの水の動きを、その中の感覚毛が傾きとして感知して、その情報前庭神経を介して脳に伝えます。

回転方向だけでなく、その速度によって流れる程度も変わってくるので、その水の流れによって「どの方向に、どんな速度で体が動いているのか】感じることができるわけです。

このように動きや傾きを感じ取っているわけで、この過程に何らかの問題を受けると、当然めまいやふらつき、立ちくらみ等として症状として現れるわけです。

頭痛薬が効かないならよく効くサプリメントで体質改善!

これを使って効果が感じ取れなかったら、全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品。


allow5-01 売れてます。90%以上の方が実感した頭痛解消サプリメント

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/133-4aa8be4d