揺れていないのに揺れているように見える動揺視、ジャンブリング現症と仮性ダンディ症候 - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

揺れていないのに揺れているように見える動揺視、ジャンブリング現症と仮性ダンディ症候

スポンサードリンク

動揺視とは、まわりの物が揺れてもいないのに揺れて見える症状で、受信される診療科によっては広い意味でめまいと診断、または分類されれたりすることがあるので、一応記載しておこうと思います。

スポンサードリンク

この症状は髄膜炎、喉頭蓋窩の髄膜種、あるいは動静脈瘤奇形などで時々見れる見られることがあり、時に重篤となるものなので注意しなければならない症状です。


心臓血管系の病気や心房細動など、循環器系疾患が原因になることが特に多いです。


これに対して、失神発作では不整脈、てんかん、頸動脈洞症候群などで見られる。

また、体がふわふわした感じがして、特に歩くときや体を動かしている時に強く出るジャンブリングと言われるものがあります。


これは両方の内耳・前庭機能が損なわれた時や前庭眼反射と言われるものが何かしらの原因で機能しない場合におこり、また小脳虫部の梗塞などでもしばしば起こること場合があるります。


脳などの中枢神経系の障害によっておこることもある事から、これと区別するために小脳からくるものはダンディ症候などといったりします。


しかし、個人的に患者さんをみていると、ストレスからくる自律神経系の調整異常であったり、ホルモンの調節・バランス異常と思うことが多いと思います。

何より、最近私がこの症状に悩まされており、もちろん上記で説明したような所見はないのです。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/134-515e3663

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。