小脳の機能から学ぶ。なぜ、回転性めまい・嘔吐/吐き気がおこるのか? - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

小脳の機能から学ぶ。なぜ、回転性めまい・嘔吐/吐き気がおこるのか?

スポンサードリンク

小脳の主な働きは、感覚と運動の間を取りもっていて姿勢を保って目的にあった動作を行うために、骨格筋の協調性を保つ働きです。

小脳に問題が起こると種々の症状が出ますが、主に小脳失調と呼ばれる症状がメインとなります。

小脳に問題が起こるといっても、小脳出血、小脳の血管が詰まってしまう小脳梗塞、脊髄小脳変性症、腫瘍や小脳への神経連絡経路が何らかの原因で絶たれてしまうなど等、多くの原因があります。

スポンサードリンク

小脳が障害されると運動失調という症状が出現しますが、大まかな意味としては機能が調整できなくなるという事です。

小脳の障害される場所によって、腕の震えが主にでたり、体のふらつきが主に出たりするので、症状から障害されている部位が判る場合もあります。


小脳に送られる情報の経路は、脊髄小脳路、オリーブ橋小脳路、前庭小脳、網様体小脳繊維です。

その反対に小脳から送られる情報は、小脳脂質のプルキンエ細胞に集まって前庭神経核の4つの核に集まってさらに各部に送られます。



体の傾きやめまい、重力等の刺激によって前庭迷路が反応し、ここへのインパルス(電気信号による情報伝達)は大脳皮質に達するものと考えられています。
参考記事:前庭迷路

つまり、この前庭迷路で問題が起こった場合に平衡感覚がなくなる、めまいを感じるということになるわけです。

めまいが起きた場合、吐き気や嘔吐、青白くなってしまう顔面蒼白や冷汗、頻脈等が見られるものは、交感神経と副交感神経の乱れによる自律神経症状という要因も加わっておこるのです。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

吐き気を緩和させるには

はじめまして Google検索で知りました。よろしくお願いします。小脳出血を患ってから1年がたちます。若干の浮遊感と吐き気を感じます。医者曰く「慣れだから、自然に任せろ」といいます。

吐き気に関しては最近、漢方薬を飲み始めました。今の段階では気休めです。薬で少しでも緩和できればいいのですが。

リハビリの仕方ですけど、耳からの病気と同じでしょうか。また、
これといったリハビリはないでしょうか。

2014-09-09 11:05 | from 逸ノ城

Re: 吐き気を緩和させるには

ブログのほうが管理できていなくて、お返事遅くなりまして申し訳ありません。

小脳出血との事ですが、原因部位がことなるので同じような症状がでましても、同じものではありません。耳から来るめまいは原因(診断名)が特定できないことも多いですが、小脳といえるのであれば、対処方法も実際のところは異なります。

しかし、明確な治療方法が確立されていないため、耳の問題の場合と同じ治療をされる場合が多いです。

小脳の問題の場合、軽度であれば時間が経てば消失していくことが多いですが、残存しているのであれば中等度、もしくは軽度でも残ってしまうタイプのものかと思います。これも明確なリハビリはなく、薬や対処療法が中心となります。

参考になれば幸いです。

2014-09-19 19:33 | from 管理人

Re: 吐き気を緩和させるには

管理人さん 回答ありがとうございます。

だから主治医曰く、
>>「慣れだから、自然に任せろ」といいます。
明確なリハビリがあれば、主治医はヒントくれますよね。こちらは
手探りでリハビリを考えています。吐き気は止まらなくても、片足
だちが長くできるようになったことだけでも精神的な励みになります。

>小脳といえるのであれば、対処方法も実際のところは異なります。
しかし、明確な治療方法が確立されていないため、耳の問題の場合と同じ治療をされる場合が多いです。

言葉じりをとらえて悪いのですが、対処方法は耳と異なるのに、同じ治療するとはどういうことでしょうか。

>薬や対処療法が中心となります
上と重なるかもしれませんが、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

2014-09-20 16:37 | from 逸ノ城

Re: Re: 吐き気を緩和させるには

コメントありがとうございます。

> 言葉じりをとらえて悪いのですが、対処方法は耳と異なるのに、同じ治療するとはどういうことでしょうか。

結局のところ、手立てがない・治療方法がない(少ない・施術に専門の技術がいる・設備がいる)ので、ひとまずそれをやってみる、といった方法をとる場合があります。

例えば、原因不明のめまいや、小脳が原因のめまいが起こったとしても、処方される薬は耳が原因となった場合に処方される薬だった、など。


結局のところ、めまいというのをひとくくりにして、薬やその他の治療が行われることがある、ということです。


もちろん、納得がいかないこともあると思いますが、専門的なところへ行く必要があるなどの弊害があるなど、現状は手立てがないのでやむを得ず、そのような方法になってしまうという具合です。

また、小脳の場合、中枢神経系の問題なので回復が難しい、時間がかかるといったことも加味する必要があるかと思います。




> 上と重なるかもしれませんが、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

小脳の場合でも、基本的に原因となるものは脳梗塞と同じと思います。出血死多部位が小脳だというだけのちがいです。

よって、脳梗塞と同じように、血圧に起因するものであれば降圧剤などが主体となるかと思います。あとは神経の興奮を抑えるものだったりも処方されることがあるでしょうか。


あと、小脳症状にて、めまいと訴えられる方の多くに、めまいではなくふらつきの場合があります。もしくは両方を伴っている場合がありますので、それであると、また若干治療が異なったりします。めまいとなるとリハビリの範ちゅうを若干超えてしまいますが、ふらつきだとリハビリを行ったりもします。

効果が絶大とはいえませんが、薬で何ともならない場合にはいいかもしれません。

参考になれば幸いです。

2014-09-24 23:01 | from 管理人

Re: Re: 吐き気を緩和させるには

再度ありがとうございます。

私の場合、特にめまいはなくふらつきと若干の吐き気です。

>ふらつきだとリハビリを行ったりもします。
効果が絶大とはいえませんが、薬で何ともならない場合にはいいかもしれません。

長い目で見ていくしかないのでしょうか。

2014-09-26 16:45 | from 逸ノ城

Re: Re: Re: 吐き気を緩和させるには

いろいろ質問を頂くことも多いのですが、実際の状態を見てみないとなんとも言えないというのが正直なところです。

ふらつき自体は、リハビリテーションである程度改善できる部分もあるかと思いますが、
小脳症状に特化した治療家という方も少ない(いない?)と思います。


本などに載っているものも、100年前の治療法だったりするのが当たり前なので、
本当に効果があるものは人それぞれ違いますので、色々試してみるのが1番かと思います。

長い目で見て軽減されていくことはあると思います。

参考にならない話になってしまいまして申し訳ありません。

2014-09-27 19:25 | from 管理人

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/136-8a1d0474

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。