小脳障害のめまいとその他の症状 中枢神経系のめまいを判別する - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

小脳障害のめまいとその他の症状 中枢神経系のめまいを判別する

スポンサードリンク

小脳性の回転するめまいは中枢性のめまいに分類され、測定障害、運動失調、企図振戦(きとしんせん)などの症状がみられます。

小脳の色々な部位の名称を上げましたが、これらのどこが損傷するかによって、これらの測定障害、運動失調、企図振戦と呼ばれる様々な症状が見られ、めまいの原因の診断する上で大きな役割を果たすことになります。

スポンサードリンク

小脳梗塞は脳梗塞と違って、体が動かない等の麻痺症状が全面的にでるものではありません。

企図振戦とは、意識して(随意的にといいます)体を動かした時に震えがおこる、または震えが大きくなる症状で、動きを止めれば震えは止まるといった症状です。

これは小脳梗塞や小脳出血などで小脳に問題が起こった時の特有の症状で、パーキンソン病などで起こる震えは安静時振戦と呼ばれ、動いていないときにブルブルと震えるものとは異なります。

また、小脳虫部の障害では、体幹(体・胴体)の運動失調が主体となり、小脳半球の障害では手足の失調が主体で筋緊張低下、眼振、構音障害を伴う場合が多いという特徴があります。

このように、震えの出方や出る場所によって、問題が起こっている、障害されている部位がおおまかに予想できます

 

普段、私達が箸を使ったり歩いたりしたときは、ほぼ無意識に行っている動作ですが、それらの動作を止めたり、方向を変えたりするときにその動きを調整するのが小脳の役割なのです。

平行感覚が障害されると言うと歩くと君よろめいたりふらついたりする身体の平行障害、または姿勢制御ができないを意味することが多い。

 

また、目の動きついても同じように平衡障害と考えることができます。

例えば、異常な眼の動きである眼振は、眼の平衡障害とも言える症状で、メニエール病などにも認められる小脳障害の代表症状です。

 

その他、小脳の障害が重度となれば、言葉を発する筋肉にも異常を来たし、いきなり大きな声になったり小さな声になったりするたりする爆発言語、断綴性言語と呼ばれる症状や、、筋緊張低下などをきたす場合もあります。
これらの症状がでている場合、上記で説明したその他の症状が著名な場合が多くなるので判別は容易です。

ここでは小脳に限った例を挙げましたが、小脳に問題ははくても、ここにつながる脊髄や大脳などの神経経路に問題が起こった場合は、もっと多彩な症状がでる事が予測されます。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/137-dec27570

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。