酔いやすい人と酔いにくいタイプの人の違いは? - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

酔いやすい人と酔いにくいタイプの人の違いは?

スポンサードリンク

前記事のめまいと様々な酔の続きです。

乗り物酔いには、小脳の中の前庭小脳と呼ばれる目や耳の働きを調整する部分が大きく関わっています。
小脳は運動の上手に円滑にできるようにコントロールしており、これによって平衡感覚の調整しています。

迷路や目からの視覚刺激は、特に前提小脳からのコントロールを受け、次に大脳に伝えて、大脳からの司令で運動を起こします。

つまり、前庭小脳は迷路や目からの情報を処理する重要なセンターとしての役割を果たしています。

スポンサードリンク

これまでに乗り物酔いについては、末端の迷路や目の機能ばかりが注目されていましたが、最近では前庭小脳の抑制が大きく関わっていると考えられるようになっています。

 

この抑制が強すぎると迷路や視覚が働かない、弱すぎると働き過ぎて開放状態になってしまう、ということでどちらも度が過ぎると乗物酔が起こってくる可能性が高くなるということになります。

このことは、次のようなことからも推測できます。



すなわち、前庭小脳の梗塞(血液や脂肪等が詰まってしまう)や脳萎縮(栄養などがなくて小さくなってしまう)、あるいは脳腫瘍などが発生すると、それまでひどかった乗り物酔いから解放される人がいます。

これは老人になると乗り物に酔いにくくなるのは、年齢によって細胞が変性して、小脳が萎縮してしまったことによって、今まで強すぎたコントロールが弱まり、適度になったと考えられます。

乳幼児が乗り物酔いが少ないのも、脳自体が未発達でこのコントロールがうまくいかないということから説明がつきます。

よって、子供が成熟してくると自然に乗物酔にならなくなってくるわけです。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/139-973c8fc9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。