動物はめまいやバランス障害を起こすのかを、自然の歴史から考える - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

動物はめまいやバランス障害を起こすのかを、自然の歴史から考える

スポンサードリンク

山を走り回る小動物も平衡器官の迷路や目には、光で誘発されるものや回転によって引き起こされる強い刺激が加わっていますが、その生き物がふらついていたり、酔うという姿を見たことがありません。

当たり前の話ですが、なぜでしょう???

これらの小動物の前庭小脳(めまいが大きく関わる器管)は小さく、人に比べてとても弱い存在なのです。

スポンサードリンク

しかし、動物自体が動くことでめまいやバランス障害を起こすことはなくても、逆に動物の体を固定して受動的に回転させたりすると運動失調やフラつき、いわゆる酔いをきたす実験がいくつかあります。

この動物の習性を生物の進化や地球の歴史から紐解いてみると、もともと受動的に(つまり、誰か・何かに回転や運動させられる)直線運動や回転運動が課せられることがなかったわけです。

運動は全て自ら走る、走り回るといったような能動的な運動です。

このように小動物の生活には自動的に動かされるということは、地震などの天災を除けば、まずないのですから、めまいが大きく関与している耳石器や三半規管は能動的に動き回る状態で機能が発揮されるしかありません。

つまり、自分で動いた時以外で、耳石器などのめまいやバランス機能を向上させる環境になかったので、発達することがなかった、といえるのではないでしょうか。 続きます。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/140-45720e55

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。