車酔いには薬も酔い止めバンドも良いけど、大人と子供の乗物酔いの予防方法は異なることを自覚しよう - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

車酔いには薬も酔い止めバンドも良いけど、大人と子供の乗物酔いの予防方法は異なることを自覚しよう

スポンサードリンク

めまいの項目からちょっと外れてきていますが、今回も『酔い』についてです。

遠足やドライブ、子供をつれての帰郷時などには、酔いやすい方には心配のひとつです。
ここでは、それをちょっとでも防げるかもしれないといわれている方法についてご説明します。

スポンサードリンク

車酔い乗り物酔いを防ぐ方法として、以外ですが大人なら、乗る前に少量のアルコールを飲むのは酔いにくくなると言われています。

ただし、注意しなければならないのはアルコールの分量で、飲む量を誤ると乗り物酔いがひどくなります。
量については、個人差が大きいので一概に言えないので注意が必要です。


酔いは三半規管に影響を与えるといわれていますが、それだけではありません。

これはアルコールを摂取することで、前庭小脳の過剰な抑制を和らげる効果があるためです。




また、大人が子供に注意することとして、ダメなことがあります。

「あなたは酔うから。」

「リュックの中に酔い止めが入っているわよ。」

「エチケット袋がここに入っているからね。」

これを言ってしまうと、子供は(大人もでしょうか?)意識してしまって酔わないはずのためにも酔ってしまう可能性がありますので、下記のような発言は避けて、気にしないように配慮してあげたほうが良いでしょう。 もちろん、酔い止めを飲むのも効果的で良いでしょう。



下記はよく効く酔い止めのお薬です。

最近は、酔い止めのシーバンドといわれるリストバンドも出てきています。
これをつけることで、中国のツボを刺激するという原理によって酔わなくするらしいですが。。

薬を飲んだからもう大丈夫だという安心感もあるので、いっそう効果があると言われています。

しかし、現在販売されている薬は、自律神経系の機能調整する抗ヒスタミン剤だけのものが多く、乗り物酔いを起こす原因の全てをカバーしているわけではありません。

過剰な準備をすることで、余計に気が焦ったり、神経質にならないようにご注意ください。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/143-67c9d8eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。