めまいは何科にかかるのか? も大事だけど、病院と患者の信頼関係から見える内容もある - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

めまいは何科にかかるのか? も大事だけど、病院と患者の信頼関係から見える内容もある

スポンサードリンク

めまいがでる条件やどこが悪いのか?
ということを考える上では、検査方法の選択が大切になってきます。


以前にも似た内容は取り上げたことがありますが、今日は患者さんの話を聞くことによって、どんなことを把握しているのかを説明してみます。

スポンサードリンク

問診によって得られる情報は、大きく3つに分けられます。

  1. めまい自体がどのようなものなのか
  2. 耳鳴や神経症状に関するものがあるのか
  3. 原因を探す目的のもの

 

問診内容のチェックリスト、何科にかかるのか?は、
めまいを受診する時のチェックリストをご覧ください。

 

問診でお話をお伺いすることによって、
めまいがどのようなものに誘発されているのかなどの分析ができ、
診断する上で重要な情報が得られるというだけではありません。

 


何回か診察していると、それまで見ることができていなかった生活環境や性格が理解でき、
日々の生活で重荷になっている家庭環境などのストレスなどが垣間見えます。



患者さんとの信頼関係が成立しますし、これは診断の役に立つだけではなく、
治療上にももちろそうすれば適正な薬が処方できたりするわけです。



そのやり取りの間に、もちろんその患者さんの性格的要因、
精神的な問題から自律神経系に影響を与えて、
浮遊感などのめまいが誘発されるかなどの判断もできます。

 

ストレスというものも実際にはバカにできないもので、
めまいはもちろん、しびれなども症状として出てきたりします。
多くは整形外科にかかったり、ストレス、精神障害の診断を受けていないだけで
その傾向が強い人を含めると、相当数になると思います。


ですので、私の場合は、こちらの治療方向を推し進めたり、説明したりするだけでなく、
利いてほしい傾向にある方は、ただ一方的に話を聞くに徹することも多いです。

そうすると、不思議とめまいやその他の軽い症状は消えたりします。
これは西洋医学の発想ではないので、大きな声では言えませんが。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/145-6ce86986

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。