めまいの検査の種類を簡単に説明します。確定診断には欠かせないです - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

めまいの検査の種類を簡単に説明します。確定診断には欠かせないです

スポンサードリンク

問診である程度めまいの原因が推測出来てくると、次にそれを裏付ける検査が必要になってきます。
参考記事:めまいは何科にかかるのか?問診で聞く内容はどんなの?

 

めまいに関わる体の器管はとってもたくさんあるわけなので、その検査も目や耳、筋肉、平衡感覚に関わるもの、大脳や小脳などの中枢神経系の検査などなど多岐に渡ってくるのは想像に尽きると思います。

今日は、そのムチャクチャたくさんある検査について、どんなものがあるのかっていうのを簡単に説明いたします。

スポンサードリンク

 

めまいにおける耳鳴り・聴力などの耳の検査

当然のことながら、今まで述べてきたように内耳、三半規管が大きく関わってくるので、聴力検査などの耳の検査は決定的な診断には欠かせません。

聞こえとめまいは、もちろん同じ症状ではありませんが、病気によっては両方が障害されることがあり、めまいに耳鳴や難聴を伴う場合も多いので非常に重要となります。

 

めまいにおける目の検査

目の動きが正常なのかとか、眼振、いわゆる意思とは無関係に眼球がカクカクっと動いてしまう症状が出るかを確認します。

ある病気の症状によっては、眼球運動が特徴的であったり、意思とは無関係に、眼球がある方向を向いてしまう偏視といわれる状態を呈したりするので、目の動きの検査も非常に重要となってきます。

眼球の動きを調べる特別な眼鏡や、目で対象物を追いかけていくという単純な検査、その目の動きを電気的に記録して解析する検査装置もあります。

 

平衡感覚、バランス検査

そして、古典的なバランス感覚の検査も非常に重要です。

両足や片足立ち、さらには目をつぶっての検査(閉眼検査)、またその時の重心の行き方を調べて記録する装置もあります。更には、その重心動揺の特徴から、障害されている部分や病名を絞ることもできます。

例えば、何もしていないで立っている時に目を閉じていても、ふらつきが大きい場合は脳の障害が、目を閉じたときに大きいときは、耳の障害が疑われます。

これらは、それぞれの器管・臓器の機能・特徴から推測できるものです。

 

 

自律神経系、心臓病などの内科の各種の検査

血圧の上下の変動が激しい人、糖尿病や心疾患、高コレステロール、痛風などによってもめまいが起きることがあり、この場合は内科的な検査結果が、治療方針の決定に非常に大切になります。

また、精神的なめまいもあるので精神学的検査をする場合もときにはあります。
参考記事:めまいの専門家の問診の手順と方法

 

画像診断での生命に関わる部分の検査

レントゲンやMRIなどの画像診断も行われます。

しかし、これらの画像検査で、異常なしとなってもそれが、撮影した箇所が直ちに病気がないということではありません。

病巣が小さい場合は画像に映ってこない場合もあるため、少し時間経過ををおいて再び同じ検査をすることで分かる場合もあります。ただし、この場合はその他の症状が消えることがあまりないので、ほぼ確定的な診断を下すことができる場合が多いです。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/147-b9818fe1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。