めまい・平衡感覚障害に聴力・聴覚の検査が必要な理由を解説します - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

めまい・平衡感覚障害に聴力・聴覚の検査が必要な理由を解説します

スポンサードリンク

めまいやふらつきといった平衡感覚の問題を引き起こすの病気は、同時にキーンとした耳鳴りや時に軟調を伴うものが多くあります。

それは、今までも何度も述べてきましたね。

そのため、その原因を特定するには、めまいだけでなく、その聞こえる機能の検査必要不可欠になってきます。

スポンサードリンク

機能面で見れば、聴覚系と平衡系とでは全く異なるもものであり、昔は同じ器管の働きとは全く考えられていませんでした。それがめまいの研究が進んでこなかった理由でもあります。

しかし、もともと聴覚系と平衡系は、共に内耳の機能であってそれを感じるセンサー、専門用語で言うと受容器の部分のほんの少しの違いにしかすぎません。

その細胞は共に有毛細胞といわれるもので、人でも動物でも同じ機能と器管です。つまり、聴覚がある、聴覚障害がある、ということを検査して確認することは、めまい・平衡感覚の障害があることを確かめることになります。

聴覚の受容器≒平衡感覚の受容器、という図式になります。

聴覚障害については

  • めまいが起こっても聴覚障害がでるものと、でないものがある
  • 聴覚障害が軽い場合は、自覚されない時がある
  • 脳が駄目になって引き起こされる中腸核路の障害では、聞こえが悪くなることがなく、特殊な検査によってはじめて明らかにされる場合がある

 

という点に充分に注意して、判断・診断しなければなりません。

 

内耳では蝸牛と前庭迷路とは連続していることからも、めまいと難聴の関係は重要であることは、少し知識がある方であれば説明せずともご理解していただいていると思います。

 

しかし、例えば内耳が原因のめまい・平衡障害で難聴も認められる場合、その疾患が難聴を主とする疾患か、めまいを主とする疾患かは単純に決めることができない、決め手は危険な場合があります。

これに対して難聴は、初期に回復するが、めまいを繰り返すうちに次第い回復しなくなって、やがてコミュニケーションに差しさわりが出る人もいるというほどです。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/152-7b29c03a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。