片頭痛(偏頭痛)の原因③ 炎症による血管拡張説とセロトニン説 - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

片頭痛(偏頭痛)の原因③ 炎症による血管拡張説とセロトニン説

スポンサードリンク
片頭痛の原因は正確にはわかっていません。

研究者の間では、長年顔や首頭部の血管収縮が片頭痛の原因として考えていました。
この説を詳しく説明すると、最初の血管の収縮によって、血流が減少し、これが前唇の不快感と前兆を起こす。そして、血管が炎症反応を起こして痛みが発生する、というものでした。

最近では、患者の片頭痛誘引因子が増えて、それがある一定の限界値を越えると正常な神経のメカニズムを破壊すると考えられています。
スポンサードリンク
研究によると前頂が出現してもしなくても、どちらにしても何らかの原因によって、おそらくはマグネシウムレベルの低下によって、三叉神経からペプチドとよばれる小さな蛋白が遊離されます。

そして、このペプチドによって周辺の血管が腫れ、周辺の神経線維が刺激された結果、過剰な疼痛信号を脳内深くに送って頭痛を起こす、と言われています。
この血管説では、皆さんご存知セロトニン、血小板、血管が片頭痛に関与する。
セロトニンは血管を収縮させる作用をする物質であり、食欲、睡眠などの機能調整を行う。

仕事でのストレスや過渡の緊張によって血中のアドレアナリン(交感神経伝達物質、簡単に言えば興奮したときに分泌される物質)あるいは遊離脂肪酸(血中に動員された脂肪)が増加。 そうすると血液を固める血小板が活性化される。

この血小板はセロトニンを萌出歯、これが脳血管の収縮をもたらせる。
収縮すると、ポンプの作用を思い浮かべてほしい。ようは、ぎゅーっっと収縮しているので押し出されている患児になるわけです。

で、脳血流量低下を招くため、前述した前兆を起こす(とされている)。
このように欠陥の収縮を引き起こしたセロトニンは代謝され、急激に減少して言った結果、拍動性頭痛が起こる。というのが片頭痛の血管説,セロトニン説ともよばれているものである。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。