三叉神経血管説 偏頭痛の原因メカニズム②  - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

三叉神経血管説 偏頭痛の原因メカニズム② 

スポンサードリンク
三叉神経とは12対ある脳神経(末梢神経)の中で最大であり、頭部、顔面、口、鼻、角膜などの感覚を支配している神経です。

この神経は、第5脳神経とも呼ばれ、眼神経、上顎神経、下顎神経の三神経の枝にに分かれています。解剖学的に言うと、体性運動性と知覚性の混合神経であり、脳神経の中で最大の神経である。この最大っていうのが、味噌ですよ!
スポンサードリンク
ストレスや体調不良など、何らかの刺激が原因で頭蓋血管周囲の誘因による刺激で三叉神経からサブスタンスPやカルシトニン遺伝子関連ペプチド (calcitonin gene-related peptide:CGRP)などの神経伝達物質が過剰に分泌されます。 このCGRPは血管に働きかけ血管を拡張させたことによって血管の透過性が亢進し、血管の周囲に炎症が起こります。これが三叉神経を経て脳に痛みとして伝達され、偏頭痛がおこる、というのが仮説です。

脳から伝えられた何らかの刺激が血管周囲にある三叉神経が過敏な侵害刺激となり、三叉神経の末端から血管を拡張させる作用をもつサブスタンスPなどのさまざまな神経伝達物質が分泌された結果、血管が広がり、その周囲に炎症が起こって頭痛として自覚されるというものです。 また、三叉神経が最大であるが故に、影響を受けやすいという事も言われています。

この三叉神経血管説は昔からから有力視されてきた説であり、現在最も有力とされていますが正しいということは証明されていません。
スポンサードリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/37-2b0f6a3e