運動や性交渉の運動性の労作性頭痛の症状と予防薬 - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

運動や性交渉の運動性の労作性頭痛の症状と予防薬

スポンサードリンク
やはり、医師や知人にも話しにくい内容のようで、ブログ外からメッセージをいただいたので、ちょっとだけ、[セックスに伴うオルガズム頭痛] の補足記事を。
スポンサードリンク

運動性頭痛の大半は良性で、一般的に15分程度でおさまる事が多いですが、一日中続く事もあります。

メタボリックシンドロームがうるさく言われるようになり、運動を始める中高年の方が増えました。


このこと自体はいいことなのですが、運動性頭痛は急に運動やスポーツを始めた40歳代以上の人に多く起こるというデータがあります。


これらの頭痛は一般的に重いものを持った時や、エアロビクス等の特定の運動の間や、直後起こります。性交後は、咳が起こることもあるようです。

散歩や水泳、自転車等の衝撃が少ない運動は頭痛を誘発する事はあまりありません。


性交によるオルガズム性頭痛は、男性の方が高頻度に見られ、頭痛の病歴がないのであれば、別の頭痛が起こる可能性は低いでしょう。

頭痛持ちであれば、発作が再発する危険性は高くなるといってよく、性交による頭痛自体は両性ですが、性交に伴う血圧上昇や脳圧亢進を伴うような神経学的膝窩の可能性はゼロではありません。

自慰行為や性交の体位変換だけでも、頭部への血液流入や血圧上昇で頭痛を生じる方も稀にいるようです。(私はあまりきいたことがありません)


性交による頭痛はそれほど強くない場合もありますが、より多く見られるのは中等度~重度の強い頭痛で、通常、オルガズムの直前に起こるという方が多い。


オルガズム頭痛が起こったら性交位自体を中止すれば、頭痛を短縮したり、軽減できることがあります。あくまで、ことがありますという程度に思っておいて下さい。

ただ、海外の報告では、性交渉自体で片頭痛等を軽減できたという報告がいくつかあります。
この報告では、女性の頭痛が軽減された、というものであり、男性側の報告はありません。


これらの運動性頭痛のの予防薬は、
インドメタシン、ナプロキセン、イブプロフェンなどの抗炎症薬やプロプラノロールを運動の30~120分前に服用します。 あくまで予防薬です。


参考になれば幸いです。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/71-54426547

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。