良く効く頭痛薬も飲みすぎれば副作用等で頭痛は悪化すると自覚しべき - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

良く効く頭痛薬も飲みすぎれば副作用等で頭痛は悪化すると自覚しべき

スポンサードリンク

医師の処方箋によって貰う薬を「処方薬」、薬局で貰う薬を「一般薬」なんて言い方をします。
よく効く薬の一般薬の代表はエスエス製薬のイブですが、効きすぎるという方も少なくありません。


これらの頭痛薬を服用しすぎて、本人の白にうちに頭痛を悪化させていることが思いのほか、多いです。私はそんなことはない、って思ったあなたも、そうかもしれません。

また、紅茶やコーヒー等におる過剰なカフェインの摂取は頭痛を悪化させます。
(適量であれば、頭痛を軽減します ⇒ 【偏頭痛にコーヒー・カフェインは有効か?無効か?】)

スポンサードリンク

毎日アスピリンと多巣のカフェインを服用していると、頭痛に効いていた薬が効かなくなり、時折の頭痛が慢性の頭痛や重い頭痛になるといった報告もあります。
頭痛患者さんの半数以上は、知らない間にこのように頭痛を悪化させてしまっています。


典型的なパターンはこのような感じです。


いつも頭痛に悩まされていると、大量のうカフェインやアスピリン、イブプロフェン等の痛み止めを飲んだり、処方薬の血管収縮薬を飲めば頭が痛くなくなっることがわかってきます

薬は確実に効くので、勝手に多くの量を服用し始め、頭痛回数が増えるにつれてその使用頻度や使用量も増えた結果、血管がその薬に慣れてしまったり、薬自体が体に順応してしまって効かなくなる、という課程を辿ります。

 

薬が効かなくなると、もっと多くの薬を飲んだり、違う薬を試したりと、最終的には頭痛は以前よりもひどくなるという感じです。


頭痛の治療の第一は、薬による治療ですが、
その用法・容量を守らなければ、場合によっては頭痛の対敵になり、その離脱は用意ではありません。

 

最初はつらいかもしれませんが、お使いのお薬の使い方を今一度再確認するのも大切です。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/74-8decafcc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。