カフェインで頭痛を治す適正量と効き目時間は? ただし、カフェイン中毒に要注意 - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

カフェインで頭痛を治す適正量と効き目時間は? ただし、カフェイン中毒に要注意

スポンサードリンク

カフェインの摂取で軽度の片頭痛や緊張性頭痛を抑えられることがあります。

、反対にカフェインの過剰摂取では頭痛を招いたりしますし、カフェイン中毒の注意が必要です。過去記事の【偏頭痛にコーヒー・カフェインは有効か?無効か?】を見てくださいね。

スポンサードリンク


血管が拡張すると頭痛が起こる場合がありますが、コーヒーや紅茶、ある種のソフトドリンクを飲んでカフェインを摂取すると、拡張した血管を収縮させますので、頭痛に効果があるとされています。

その証拠に、多くの一般薬ではカフェインが痛み止めに配合されています。
よく効く頭痛薬として使われているこのエスエス製薬/イブもカフェインが配合されています。

イブプロフェン 、アリルイソプロピルアセチル尿素、無水カフェイン 、酸化マグネシウム、
添加物として、無水ケイ酸、セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、マクロゴール、ステアリン酸Mg、タルク、酸化チタンを含有す。

カフェインを使った頭痛対策での最も良い飲み方は、
①頭痛の内皮にはカフェインを避けるか、摂取量をコーヒー1,2杯程度に抑えること。

②頭痛が始まりそうだと感じたら、カフェインが入った飲料を1,2杯飲みましょう
カフェインの効き目は数時間程度と言われるので、飲んで数時間経っても予兆や違和感があるのであれば、もう一杯飲みましょう。


飲み物でカフェインを摂取しなくとも、カフェインの錠剤やサプリメントが通販や薬局で変えますので、そちらを服用しても良いかもしれません。
ただし、効き目が強く、薬が切れたときにはドッと疲れが襲ってくる方が多いので服用される方は注意してください。

③それ以降、必要に応じて2,3時間毎に50mgまでで服用し、1日は200mgまでに制限する

④現在、コーヒー等を日常的に飲まれている方は、徐々に減らして1日2~3杯にすることが望ましく、その方が効果的です


【飲料によるカフェイン含有量の目安】
インスタントコーヒー一杯:カフェイン40mg(濃さによっては100mg以上となります)
挽いたコーヒー:100mg
ソフトドリンク一杯:40mg

カフェインの錠剤を服用する場合は、薬の要項を見ればわかりますので必ず読んでください。

やはり、カフェインの取りすぎや使い方を誤ると諸刃の剣です。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/80-6213fe0c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。