漸進的筋弛緩訓練法によって筋肉をほぐすて緊張性頭痛を治す方法 - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

漸進的筋弛緩訓練法によって筋肉をほぐすて緊張性頭痛を治す方法

スポンサードリンク

漸進的筋弛緩法とも呼ばれるこの方法は、アメリカの生理心理学者のジェイコブソンにより1929年に体系化された方法です。


手技として名前は違ったりしますが、リハビリテーションでも結構行われている手法、筋肉の「最大収縮後の最大弛緩」という筋肉の特性を利用した筋肉をやわらかくする方法です。

私もこれは利にかなっていると思います。

スポンサードリンク

【漸進的筋弛緩訓練法のやり方と対象となる頭痛】
基本的には緊張性頭痛の方が対象です。筋肉が硬くなることによる頭痛です。

体の一部を数十秒程度おもいきり力を入れて緊張させ、次に力を抜く。
簡単に説明すると、これだけです。


力を入れていないつもりでも、筋肉は適度な緊張状態にあり、これを取り除くには意識的には非常に困難になります。

①楽な姿勢をとる

②まず軽く右手でこぶしを作ります。

③こぶしにゆっくりと力を入れていき、思い切り握り締める

④強く握り締めたまま、こぶしに意識を向け、こぶしの筋肉が緊張してこわばっている感覚を自覚する。

⑤緊張を十分感じ取れたら、それまで入れていた力を一気に抜きます。

⑥緊張がほどけていく感覚に注意を向け、さらに筋肉に注意を保ち、筋肉が弛緩している状態をしばらく味わいます(3~4呼吸)。

⑦左手でも同じことをして、全身行っていきます
手→上腕→肩→首筋→背中→顔(目、額、口、頬)→お腹→太もも→ふくらはぎ→足の甲など

参考サイト
これは私もよく患者さんに行いますが、腰痛や異常歩行がその場で改善する事もかなりの頻度であるので、個人的にオススメです。


また、これにヒーリング系の音楽を聴きながら行うと効果的かと思います。

頭痛薬が効かないならよく効くサプリメントで体質改善!

これを使って効果が感じ取れなかったら、全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品。


allow5-01 売れてます。90%以上の方が実感した頭痛解消サプリメント

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/82-6edfc8d0