頭痛の痛み止めの区別と種類を理解しなければ反跳性頭痛を招く恐れがある - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

頭痛の痛み止めの区別と種類を理解しなければ反跳性頭痛を招く恐れがある

スポンサードリンク

a0002_004055
日常のちょっとした対処や自分で頭痛を治せる方法を【頭痛を治す方法】のタグ・関連記事でいろいろと説明してきました。


これら種々の頭痛の予防や対処を行っても痛みが軽減しない時に、薬による治療を行うべきと思います。やはり、薬に頼りすぎは良くない、という所です。


一般の鎮痛剤(痛み止め)の数と種類は数百にも及びますが、大きく分けると
1.麻薬系鎮痛剤、 2.非麻薬系鎮痛剤、 3.解熱鎮痛剤の3つです。

そして、その中でも解熱鎮痛薬は更に、皆さんがよく耳にする頭痛薬、
①アスピリン系、②非ピリン系、③非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)と大別されます。

 

スポンサードリンク

一般的に、鎮痛剤といえば非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)(非ステロイド性消炎鎮痛薬)を指すほど一般的に使われているものになりましたが、ほとんどの頭痛は非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)とアスピリン系、非ピリン系のお薬だけで対処されています。

ただ、これらのお薬も使いすぎ・服用が日常化してしまうと、薬剤誘発性頭痛または反跳性頭痛(はんちょうせいずつう)を起こす確率が高くなります。

 

薬物誘発性頭痛とは、鎮痛薬を内服していても痛みが治まらなくなる、
反跳性頭痛とは、薬をやめると痛みが強くなったりするなどの副作用がでます。


これらの薬は毎日服用せずに、1週間に2,3日程度に制限していくことが重要で、
毎日頭痛が起こり、薬を飲まないといられないという方は医師の診察を受ける事をお勧めします。

頭痛薬が効かないならよく効くサプリメントで体質改善!

これを使って効果が感じ取れなかったら、全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品。


allow5-01 売れてます。90%以上の方が実感した頭痛解消サプリメント

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/84-776138a5