非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の種類と作用・副作用 - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の種類と作用・副作用

スポンサードリンク

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs:Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)は、サリチル酸系、フェナム系、酢酸系、プロピオン系、ピリン系、非ピリン系とたくさんの分類が存在します。

【非ステロイド性抗炎症薬の主作用・効用】
いずれのものも、簡単に言えばホルモンの作用なしに炎症を抑えて、鎮痛作用、解熱作用を有する薬の総称名で、関節症の患者さんのほか多くの疾患に使われる。


【非ステロイド性抗炎症薬の副作用】
1.腎障害(胃腸炎が最も多い)
2.出血傾向
3.血圧異常
4.気管支炎(アスピリン喘息)
5.肝機能障害
6.眠気、めまい、体温低下、下痢、嘔吐


【非ステロイド性抗炎症薬の種類】

   一般市販薬名
 アセチルサリチル酸  アスピリン、 バファリン
 イブプロフェン  エスタックイブ、 ブルフェン
 ロキソプロフェン  ロキソニン
 ジクロフェナク  ボルタレン
 アセトアミノフェン  カロナール

スポンサードリンク
中でも有名なものはアスピリン、説明不要のバファリンシリーズで、アスピリンは解熱鎮痛作用、抗炎症作用、血小板凝集阻害作用を有している。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/85-97c1d007

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。