アスピリンは頭痛によく効く効果があるが、副作用は様々あるので要注意 - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

アスピリンは頭痛によく効く効果があるが、副作用は様々あるので要注意

スポンサードリンク

アスピリン(アセチルサリチル酸)は片頭痛によく聞く薬の代名詞としてよく聞かれますが、
日本では、バファリンバイエルアスピリンという名前で売られている製剤です。


また、アスピリンは消炎鎮痛剤の代表で、非ステロイド性抗炎症薬の代名詞とも言うべき存在で、非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDs)にあてはまります。
【頭痛の薬と治療】の記事一覧も参考にしてください。

スポンサードリンク

【アスピリンの効果・効能】

アスピリンは、主に炎症を押さえ、頭の痛み・腫れを抑制する効き目があります。

専門的な内容を説明すると、シクロオキシゲナーゼという酵素を阻害して、アラキドン酸からプロスタグランジン類への生合成を抑制する事によって消炎作用、鎮痛作用や抗血小板凝集作用を起こします。


このプロスタグランジンとは、血管の収縮と拡張、気管支の過拡張と収縮、血小板の凝集作用等の様々な作用をゆうし、炎症・痛み、発熱にも関係する物質です。



【アスピリンの副作用】(一部wikipediaより)

アスピリンの副作用は、
食欲不振、吐き気、消化不良、異痛、嘔吐、消化器潰瘍・出血などの消化器系の不調、血液を薄くするので出血傾向となります。肝臓酵素増大、下痢、ふらつき、塩および体液停留、高血圧。

まれな副作用は
食道潰瘍、心不全、高カリウム血症、腎臓障害、昏迷、気管支痙攣、発疹。
その他、浮腫、鼻炎症状、結膜炎、皮膚炎、スティブンスジョンソン症候群、代謝性アシドーシス、過呼吸、腎障害、耳鳴り、難聴、頭痛なども呈する。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/86-30d90554

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。