片頭痛(偏頭痛)が頻繁に起こるなら予防薬 ~その種類の一覧~ - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

片頭痛(偏頭痛)が頻繁に起こるなら予防薬 ~その種類の一覧~

スポンサードリンク

起こってしまった場合は、相性もありますが、第1は頭痛のお薬を飲む、
第2は暖める、冷やす、リハビリを行う、呼吸法等のリラクゼーション等を行うという事を行います。



しかし、片頭痛(偏頭痛)は自分で治すことができるように生活環境や光やにおい、食べ物、物質を把握するという事を、以前に何でもお話いたしました。
参考記事:【頭痛は生活を見なおして原因特定して、自分で予防対策をするべき】


これらの要因を取り除いて治らない、様々な事情で要因を取り除くことが出来ないという場合は、治療薬ではなく予防薬によって片頭痛の予防的に抑えることが出来る場合があります。

スポンサードリンク

片頭痛を予防するに当り、程度や頻度、その原因と思われるものをカレンダーに書いて把握したりしても、あまり効果がないという場合に頭痛を予防する薬を選ぶのがベターですが、その予防薬にも段階的に処方する優先順位があります。



【第1に選ばれる片頭痛予防得薬】

抗うつ薬の種類  トリプタール(エラビル、アミトリプチリン)
 プロザック(フルオキセチン)、ドキセピン(サイネクアン)、
 ノルトリプチリン(パメラー、アベンチール)、
 セントラリン(ゾロフト)、パロキセチン(パクシル)、デシプラミン、
 その他にもフェネルジンなどの抗欝薬がありますが副作用多
ベータアドレナリン
遮断薬の種類
 プロプラノロール(インデラル)、アテノロール(テノーミン)、
 ナドロール(コルガード、ナディック)、チモロール(ブロカドレン)
 メトプロロール(ロプレソロール)、
非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の種類  ナプロキセン(アレーブ、ナプロシン、アナプロックス、ナイキサン)、フェノプロフェン(ナルフォン、フェノプロン)、
 フルルビプロフェン(アンサイド、フロベン)、
 ケトプロフェン(オルヂス)
カルシウム拮抗薬の種類  ベラパミル((イソプチン、カラン、ベレラン、ワソラン)


これらはほんの一部ですが、もちろん必ず片頭痛を予防できるものではありませんし、予防薬であって鎮痛薬ではないのです。

予防薬は医師の処方箋がいるものが殆どで、服用しても頻度を軽減させ、全長や吐き気等を抑える効果が認められていますが、直に薬が効くわけではなく継続して使用しないと効果が実感しにくいものが多いのも注意点です。


以降、薬について詳しく記載していきます。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/90-a549ce74

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。