片頭痛の予防のためには抗うつ薬でセロトニンを不足を改善させて増やす - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

片頭痛の予防のためには抗うつ薬でセロトニンを不足を改善させて増やす

スポンサードリンク

片頭痛を予防する薬として抗欝薬が用いられることが多い理由としては、脳内のセロトニン濃度を増加させる作用があるため、痛みが軽減されるのです。


【セロトニンの作用と効果】
セロトニンは脳内や血管に存在して、血液を固めたり、血管の収縮を調整したりしています。
セロトニンの作用は、筋肉に対して働きかけて姿勢調節に関わっていたり、睡眠やストレス、にも大きく関与しているといわれています。


ここであげるべきセロトニンの効果は、痛みの感覚を抑える効果があるということ

セロトニンは太い血管を収縮させ、細い血管を拡張させるため、セロトニンが減ると片頭痛、片頭痛に投与すると片頭痛が改善するということになります。

スポンサードリンク

【セロトニンの注意点】

片頭痛は頭の血管の拡張により、血管の周りの神経が刺激されて起こる頭痛といわれていますが、拡張が起こればその前後は収縮が必ず起こっていますので、使用量や使い方によっては、頭痛を招いてしまう場合もあります。

抗うつ薬の注意点としては、心臓に影響を与えるため心拍数、血圧に異常のある方には注意して処方されるべきで、多くは頻脈が多く見られます。


【セロトニンを増やす方法】

薬以外でも若干ながらセロトニンを増やすことが出来ます。
ここでは簡単にあげて、以後別途記述します。


規則的な生活を行う、太陽を浴びる、適度な運動を行う、、バナナ・牛乳・肉・魚等を摂取する、食べ物を良く噛む等です。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/91-8418e80b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。