片頭痛予防の塩酸アミトリプチリン(トリプタノール)の適応と副作用 - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

片頭痛予防の塩酸アミトリプチリン(トリプタノール)の適応と副作用

スポンサードリンク

トリプタノール、一般名が塩酸アミトリプチリンは抗うつ薬として有名です
この薬は比較的安く手に入るもので効果も大きいので、よく抗うつ薬として処方されますが、連日起こるような片頭痛や緊張性頭痛に特に有効とされています。

その他の適応として、片頭痛や群発性頭痛などの頭痛の他、神経痛で使われます。

スポンサードリンク


【片頭痛の予防のためには抗うつ薬でセロトニンを不足を改善】で述べたように、セロトニンを増やす必要があるわけですが、塩酸アミトリプチリンはセロトニン量を増やす働きがあるので適応になるわけです。


【塩酸アミトリプチリン(トリプタノール)の作用と効果】

セロトニンを増やす事による片頭痛や群発性頭痛の予防と軽減、特に連日性の頭痛に有効とされています。その他神経痛などに適応があります。

精神疾患としては、うつ病が代表ですが、鎮静作用で緊張を低下させて意欲を向上させる作用等があるため、パニック障害摂食障害、うつ病につかわれます。

小児分野では夜尿症にも。


【塩酸アミトリプチリン(トリプタノール)の禁忌と・副作用・注意事項】

塩酸アミトリプチリンの禁忌の疾患としては、緑内障の方、心筋梗塞関連の循環器疾患回復段階初期、尿閉、抗うつ剤の過敏症の方々。


注意が必要な方は、口渇、眠気、めまい、便秘、目のかすみ、振戦(振るえ)や体重増加、抑うつなどみられますが、あまり起こりません。


【用法・容量】

個人差が大きいですが、10mgより開始する。通常、1日150(~200)mgまで増量可能ですが、数週間で25~50mgと徐々に増やしていきます。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/92-f4909c70

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。