片頭痛予防としてのベータアドレナリン遮断薬の種類と効果・作用 - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

片頭痛予防としてのベータアドレナリン遮断薬の種類と効果・作用

スポンサードリンク

βアドレナリン遮断薬は、一般的にベータ遮断薬といわれており、アドレナリンベータ受容体遮断薬、アドレナリン作動性効果遮断薬など、様々な呼ばれ方をしています。たくさんの種類があります。 


最も有名で多く処方されているのがプロプラノロール(デンデラール)です。
詳しくは別途、次の記事にて詳しく書いていきますね。


ここでは、ベータ遮断薬の種類と作用・副作用をちょっとだけあげてみます。

  プロプラノール
(インデラール)
メトプロロノール
(ロプレソール)
ナドロール
(コルガード)
チモロール
(ブロカドレン)
アテノロール
テノーミン
作用 血管拡張を防ぐ 片頭痛など 左位と同様 他が無効の場合有効な時がある 左位と同様
副作用 倦怠感、抑うつ等 左位とほぼ同様 プロプラノール(インデラール)とほぼどうようであるが、倦怠感は少ない 左位とほぼ同様 プロプラノール(インデラール)とほぼどうようであるが、鎮静効果は少ない

スポンサードリンク

【ベータアドレナリン遮断薬の効果・作用】

ベータ遮断薬の全般的な作用を簡単に説明すると、血管の拡張を予防します。
つまり、全身を駆け巡る血液を少なくするので心臓にかかる負担や全身の血管の負担を少なくするので、アドレナリン遮断薬は高血圧の方や胸心症や不整脈の方が適応になります。


片頭痛の予防に関しては、アミトリプチリンと同様の効果があるので片頭痛の予防の中心的存在として、時に治すお薬として使われます。また、不安を抑える効果があります。
参考記事:【塩酸アミトリプチリン(トリプタノール)の適応と副作用】


ベータ遮断薬は脈拍数を減少させるので、、脈を増加させる抗うつ剤の影響を打ち消す目的で、アミトリプチリンなどと併用されることがあります。


【ベータアドレナリン遮断薬の副作用と禁忌】

高血圧の片頭痛患者が服用した場合、高血圧と片頭痛の療法を治療する事になります。
ベータ遮断薬は体重増加、抑うつ、倦怠感、背意欲減退、めまい、失神、動悸・息切れ、集中力低下、不安を抑えるふくさようがあります。


禁忌(服用禁止):心不全、喘息、重い心疾患、レイノー症状、


ひとつの遮断薬で効果が得られなければ、別の遮断薬を進める場合が多いです。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/94-438fb1a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。