ナプロキセンは非ステロイド性抗炎症薬の中で最もよく効く予防薬 - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

ナプロキセンは非ステロイド性抗炎症薬の中で最もよく効く予防薬

スポンサードリンク

ナプロキセン(ナイキサン)は非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の中で最も多く処方されているくすりですが、50歳以下や妊婦の方が服用する場合等の注意がありますので、その作用と副作用を良くお読みくださいね。



非ステロイド抗炎症剤は片頭痛の予防薬に非常に有効ですが、胃腸の具合を悪くする方や肝臓や腎臓の不具合を起こすことがあるため、その使用に関しては制限があります。

このこともあって、塩酸アミトリプチリンベータアドレナリン遮断薬が一番に処方されるわけです。

スポンサードリンク


しかし、女性の月経時に多い片頭痛が起こることが多い比較的若い年齢瘡の女性患者やベータ遮断薬および抗うつ薬の鎮静作用に非常な女性の方にはNSAIDsは適切な処方となるわけです。


【ナプロキセン(ナイキサン)の効果・作用】

50歳以下の方に処方が認められる薬、月経時の片頭痛や連日性の片頭痛が起こる方に特に有効の薬です。
頭痛に使われる他、膝や脊椎、あご等の種々の変形性関節症、リウマチ、炎症等の解熱・鎮痛効果があります。


【ナプロキセン(ナイキサン)の副作用】
胃等の消火器の不快感が最も多く、胃腸出血から潰瘍、胃痛、腹痛、下血などがまれにおこります。

この場合、スクラルファーなどの粘膜保護薬を一緒に服用することを勧められたりします。

そのほか、腎臓や肝臓の異常やのどやくちびる、口内のかゆみ・不快感、胸痛、倦怠感、むくみ、耳鳴りなどが稀に起こります。

 

【ナプロキセン(ナイキサン)を服用する場合の注意点】

胃腸の負担を軽くするため、必ず食後水とと一緒に服用すること。

妊娠中、中高年、胃腸や腎臓の悪い方の服用は医師に報告をしてください。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/96-83478dd7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。