非ステロイド性抗炎症剤のフェノプロフェン、フルルビプロフェン、ケトプロフェンの特徴 - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

非ステロイド性抗炎症剤のフェノプロフェン、フルルビプロフェン、ケトプロフェンの特徴

スポンサードリンク

片頭痛の第1にあげられる予防薬の中の非ステロイド抗炎症薬の中でも最も使われるナプロキセンですが、それ以外のフェノプロフェン、フルルビプロフェン、ケトプロフェンンなどの非ステロイド抗炎症薬を簡単に上げておきます。

抗炎症剤は市販薬とされていないものが多く、意思の処方が必要な場合がほとんどです。

スポンサードリンク

【フェノプロフェンの特徴と副作用】
ナプロキセンの副作用が強く出てしまう時等に使われることが多く、連日性の片頭痛(偏頭痛)に効くことが多いです。


作用としては、もちろん抗炎症作用や解熱。
副作用としては、胃腸障害や肝臓、腎臓の症状がでます。尿がでない、少ない、異痛、腹痛、下血等、不快感。



【フルルビプロフェンの特徴と副作用】
月経字の片頭痛に使われる場合が多いお薬です。

作用・効果は、腫れや痛み、炎症をおさえる。
副作用は上記同様に胃腸障害、肝機能障害等が認められ、異痛、腹痛、食欲不振、かゆみや浮腫、むくみがみられます。


【ケトプロフェンの特徴と副作用】

片頭痛だけでなく、緊張性頭痛の予防に有効とされています。


作用は上記と同様ですが、関節痛などにつかわれるテープ、軟膏や塗り薬の色んなタイプがあります。副作用は同上です。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/97-e0eb4fb2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。