カルシウム拮抗薬の塩酸ロメリジンの矛盾作用と理解して片頭痛を予防する方法 - +頭痛/めまい/ふらつきの原因症状と治し方+

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実

カルシウム拮抗薬の塩酸ロメリジンの矛盾作用と理解して片頭痛を予防する方法

スポンサードリンク

塩酸ロメリジンは一般名・市販名とミグシステラナスで名前が通っていますので、こちらの方がなじみがあるかもしれませんね。

今日はそのロメリジンの効果から副作用等の特徴をしっかりと抑えていただき、お役立ていただきたいと思います。
そして、最大の矛盾点としては、頭痛の予防作用があるにも関わらず、副作用に頭痛があるということです。


【頭痛の予防】で多く取り上げている予防薬の効果がでてくるには6週間程度かかるといわれており、結構根気勝負なところがあるので今すぐ何とかしたい!っていう方にはちょっと向いていないかもしれません。

スポンサードリンク

【塩酸ロメリジンの作用機序と効果・効用】

塩酸ロメリジンの作用はいくつか上げられますが、主なものは血管収縮を抑える、つまり拡張させることによって、脳血管に対してのみ血流量の低下を抑えることにより、片頭痛を発生しにくくさせる。

よって、全身的な血圧を下げることにならないので、片頭痛の方に処方されることが多いのです。また、この薬に限った話ではないですが、予防薬の効果が見えるのは時間がかかり、片頭痛の回数や程度をおさえるものという程度を知る必要があります。


片頭痛がなぜ起こるのかは完全には解明されていませんが、
脳血管の収縮が起こり、その反動によって拡張する、という発生機序といわれていますので、その第一段階の収縮をこの塩酸ロメリジンでおさえようというわけです。

ですので、拡張した場合には無効、ということになります。


【塩酸ロメリジンの副作用】
手が震える、無表情(仮面様顔貌)、抑うつ傾向などがあるが、副作用が少ないのも処方されることが多い理由のひとつです。


【塩酸ロメリジンの用法・用量】
1錠5mgで朝と夜1日2回で服用する。1日20mgを越えないようにする。

サプリメントで体質を見直そう!

全て使いきっていたとしても全額返金してもらえる保証がついた納得の商品です。


allow5-01 90%以上の方が実感!!ズキズキ・ガンガンに本気で悩む人には『ずきしらずの実』

詳細はこちら

スポンサードリンク
ずきしらずの実
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://zutuumemai.blog74.fc2.com/tb.php/98-f720e195

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。